LIPPS SCISSOR

LIPPS(リップス) カットシザー

カットシザー

見た目の美しさと使い心地
を極めたカットシザー

ハンドメイドならではの魅力が満載!

カットシザーはスタイルの土台を作る上で最も重要な道具。これを使いこなせないと魅力的なスタイルには仕上がりません。髪が逃げずに切れる質の高い刃を使い、鋭い刃付けをしています。絶妙に湾曲した長くてスマートなフォルムがフィット感を高めるので、手に負担をかけずに切ることが出来るのです。加えて、無理なく自然体に切ることが出来るため、切り姿が美しいというのも魅力。これらは熟練職人が丁寧なハンドメイドで作り上げた賜物といえます。

LIPPS(リップス) カットシザーのこだわり

疲れ知らずの抜群のフィット感

手にぴったりフィットするように丸く湾曲させた美しいフォルムは、セニングシザー同様、人間工学に基づいて開発されたもの。使いはじめから自然と手に馴染んでくれるので、長時間使っても負担に感じることはありません。それは職人技の賜物であり、このフィット感を味わうと他のシザーが使えなくなるほど。切り姿が美しいだけでなく、シザー自体も持ちやすいので、仕事がやりやすく、良いデザインを生むことができるのです。

鋭い切れ味が正確なカットを生む

通常、シザーの切れ味は、刃材の質と刃付けによって変わります。質の高い刃材は気持ちのいい切れ味を実現し、熟練の技術を持つ職人の手作業により鋭い刃付けは髪を逃すことなく切る事ができるのが特徴です。このカットシザーはブラントカットなどがしやすい様に、あえて質の高い刃材を使い、鋭い刃付けをしているのがポイント。また、長くてスマートなフォルムながらも鋭い切れ味のシザーというのは大変珍しく、これはLIPPSならではのこだわりといえるのです

LIPPSならではの長くてスマートなデザイン

使い勝手がいいのはもちろんですが、美容師にとって命ともいえるシザーはやはりデザインも重要です。このカットシザー最大の魅力は、見た目だけにこだわった極端なデザインではなく、長くてスマートな洗練されたデザインに仕上げているところ。加えて、面取りや丸さ、さらには刃の長さも絶妙なので使い心地も抜群によく、切り姿も美しく決まるのです。また、シンプルで飽きのこないデザインというところにも注目を。

手作りだからこそ実現できた
理想的な曲線構造

鋭くて理想的な刃角度にすることで、プロも納得の抜群の切れ味を実現しました。カットシザーならではの丸みを帯びた美しい曲線は、すべての面やラインを熟練職人の丁寧な手作りで仕上げている証でもあるのです。
刃は鋭くするほど切れ味がよくなりますが、鋭い刃ほど薄くてデリケートというのが難点でした。
カットシザーはその鋭い刃はそのままに、支える峯の厚みを十分に保つことで、その悩みを解消!さらに長切れ・再研磨耐久などの優れた機能性が確保されているのも注目すべきところ。
また、裏スキのアールとひねりのアール、さらにはアキのアールという3つのアールを採用したことで、理想的な切れ味を実現したというのも見逃せません。

PHOTO GALLERY

Stylist’s Voice

LIPPSスタイルには欠かせないシザーです

カットシザーは切れ味がいいので、毛が逃げずに正確にカットすることができます。
もちろん緻密なカットにも難なく対応。
手へのフィット感も抜群によく、長時間使っても疲れずに無理なくカットできるのも嬉しいですね

原宿店 吉沢 ジュン

LIPPS SCISSOR

LIPPS(リップス) カットシザー

見た目の美しさと使い心地を極めたカットシザー

85,000円+